家計管理

「慣れ」を最大限に利用する!

投稿日:2019年3月3日 更新日:

「慣れ」というものは人が持つ強力な能力の一つで、この「慣れ」とどう付き合うかによって家計の状況、さらには投資の成績に大きな差が生まれます。

今回はその考え方について、具体例を交えて紹介します。

日常に溢れる「慣れ」

僕たちは日常生活を送る上で、たくさんの「慣れ」に囲まれています。

起床時間、通勤、住居、気候などなど、最初は新鮮だったことがいつの間にか当たり前になっていったことで溢れています。

人間が持つ「慣れ」ですが、家計コントロールおよび資産形成において良い影響と悪い影響どちらの側面も持っています。

そして、良い影響の方が出るように意識的に行動することで、資産形成のスピードをあげてくれます。

「慣れ」という能力

例を1つあげようと思います。

サラリーマンの方が朝の出勤前にコンビニでコーヒーやお茶、水などのドリンクを購入している場面をよく見かけます。

そのドリンク、本当に毎朝購入する必要があるのでしょうか?

毎朝購入することに「慣れて」しまっていないでしょうか?

毎朝ドリンクを購入する代わりに、家で作ったコーヒーやお茶を水筒に入れて持って行くということを試してみてはどうでしょうか?

当然、家で作って持って行くのは手間ですし、家で用意したものよりもコンビニで購入したものの方が美味しいのは当たり前です。

ただ試しに2週間程度、家で作ることを「試して」みてはどうでしょう。

2週間試してみても、「用意する手間が大変。」または「コンビニで家で作ったドリンクはおいしくない。」と感じるのであれば元の状態に戻せばよいのです。

ただ、僕もそうだったのですが、2週間やってみると家でドリンクを用意すること、また家で用意したドリンクの味に「慣れ」てしまう方もいるはずです。

ここで「慣れ」ることができた場合は資産形成のスピードが加速します。

毎日のドリンク代が浮くことになり、これをそのまま資産形成の原資に充てることができます。

慣れの変換

この例では2つの「慣れ」が登場しました。

 1つ目:コンビニでドリンクを購入することに「慣れ」てしまっていたこと。

 2つ目:ドリンクを家で作ることに「慣れ」たこと。

ここでは1つ目の「慣れ」を2つ目の「慣れ」に変換しました。

これを僕は「慣れの変換」 と言っています。

「慣れ」を最大限活用する!

今回は本当に小さな例を紹介しました。正直に言って、今回の例を実践しただけでは資産形成のスピードアップも微々たるものかもしれません。

ただ、「慣れ」てしまっているからこそ、意識しなければ気づくことができないと思いますが、日常にはたくさんの「慣れ」が潜んでいるはずです。

ちりも積もれば山となります。

ここで紹介したように、意識して日常の「慣れ」を見つけ出し、それを資産形成に繋がる別の「慣れ」に変えることで、資産形成の速度が加速していきます。



-家計管理
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サラリーマンの給料は抑えられる!経営者の目線でサラリーマンの給料を考える

サラリーマンにとって収入の源泉は「給料」です。給料が増えることは生活が豊かになることにも繋がるため、給料を増やすため一生懸命働いている人も多いと思います。 しかしこの給料、企業にとってはなるべく増やし …

変動費より固定費の見直しが最優先!

資産を作るために必要な資金は、給与などの収入から生活費等の支出を差し引いた残り(所得)から用意する必要があります。   収入-支出=所得 所得を増やすことで、資産運用に割り当てられるお金を増やすことが …

投資資金を作るための家計コントロール

投資をするにはそのための資金が必要です。 僕と同じようなサラリーマン投資家であれば、その資金を給料(家計)から捻出している場合がほとんどではないでしょうか。 今回は僕が実践している投資資金の作り方、さ …

節約の効果を最大化する方法

家計を助けるため、欲しいものを買うため、投資資金を作るためなど様々な目的のために、支出を抑えて資金を用意する必要があります。   支出を抑えるために普段の生活の中で節約を実践している方も多い …

「ハイブリッド外食」で外食費を節約する

休みの日にもなると、ショッピングやレジャーなどの目的で外出することもあると思います。   そして外出すると、特に何もしなくても出費がかさむと思います。その要因の一つとして考えられるのが、外食 …